純国産宝絹

シルクのある生活

日本人にとって古くから馴染みのある「絹」。時代の移り変わりとともに、着物から日用雑貨まで、絹はさまざまなものに姿を変え、私たちの生活のそばにあります。そんな純国産絹を使った商品をご紹介いたします。

2016.01.07 UPDATE


第5回 純国産オリジナル手織りマフラー
   

デリケートな首を守る
手仕事のぬくもり

京都市街の北西部、応仁の乱時に西軍が本陣を置いたとされる地域に伝わる先染め織物「西陣織」。この伝統技を継承する西陣織会館の職人によって丁寧に織られる、世界に一つだけの純国産オリジナルシルクマフラーをご紹介します。

極太生糸「ふい絹」でつくられる
丈夫なダブルカバーの糸

マフラーの素材となるのは、「ふい絹」と呼ばれる極太生糸。繭糸のもつ特性と機能をそのまま活かし、太さを残しながら、製糸の段階において低張力でゆるく引いた糸です。これを半精練状態で染め、染め上がった後の糸を21中(21デニール)の生糸と撚糸したダブルカバーの糸でマフラーが織られます。

洗濯可能でふわりと軽いスグレモノ

オリジナルマフラーのために開発されたというこの強靭な糸はしわにならず、洗濯にも耐えます。また、ふんわりと空気を含んでいるため軽く肌にやさしい上に、空調対策など、冬だけでなくオールシーズン使うことができます。

純国産手織りマフラー

左・中央はショートマフラー、右はロングマフラー

製造国:日本

素 材:絹100%(ショートマフラーは真綿使用
スリット入り)

サイズ:ショート(100cm)/ロング(180cm)

価 格:ショートマフラー   5,000円(税別)
ロングマフラー    10,000円(税別)

製造元:西陣織会館
お問い合わせ:075-451-9231

◀︎ 第6回︎ 第4回 ▶︎