宝絹とは

かつて日本の近代化を支えた絹産業が、海外への生産移転や生糸輸入により、今、危機に瀕しています。現在絹製品に占める純国産絹の割合は、わずか約1%(0.6%)にとどまっています。
そこで、絹製品の生産・販売に携わる蚕糸・絹業の関係者は、互いに手を取り合い、国産の繭・生糸を使った魅力ある純国産絹製品をつくる努力を重ねています。
桑を食んでたいせつに育てられた蚕が繭となり、繊細な紡ぎや織りを経て絹糸そして反物になるその過程を含めて、純国産絹は日本の宝「宝絹」と称することができるでしょう。
この宝ものがこれからも末永く皆さまの暮らしに生き続けるように、純国産絹を守り、その魅力を消費者の皆さまにお伝えする活動を行っています。